天然免疫調節物質とは

天然免疫調節物質/免疫力を調整する天然素材(Immuno-modulator/Immuno-modulatory Agent)

天然免疫調整物質とは人体の体液中で免疫細胞の調整反応をおこなうものです。

体液中の免疫応答とは:外からの抗原(バクテリア、ウィルス、マイクロバクター、アレルゲン)が体内に侵入するとリンパ球のB細胞(T細胞とともに免疫機能に深く関わり胸腺に依存せず発達する細胞)が起動して、血流中を循環し、抗原を破壊する遊離抗体を産生します。

(免疫)細胞応答とは:抗原*が体内に侵入すると、体内の体液免疫応答を開始するリンホカインを誘発する。リンホカインはリンパ球により産生され,免疫反応に関与する可溶性の生物活性因子の総称で、抗原を直接攻撃しするT細胞を誘発します。

 

 

*抗原

抗原とは免疫反応における刺激物である。抗原という言葉は体を生成する因であるということに由来する。多くの場合、抗原は、感染を経由して体内に入る外来タンパク質(またはその一部)である。 しかし、場合によっては、生体内タンパク質が特異な(通常では見られない箇所やタイミングで)発現をすると、免疫システムが作動しそれを抗原のように扱うことがある。つまり細菌やウイルスそのものが抗原ではなく、生体の外部と内部に抗原になるものがあると認識することが重要である。