アダプトゲンとは

アダプトゲン/アダプトゲン作用をもたらすもの/抗ストレス剤

アダプトゲンとは、ストレス(肉体的疲労、化学反応、環境変化、感情や精神的トラウマなど)への抵抗力(環境適応性)を高めるものです。長期にストレス状態が続き対処・適応(アダプト)しきれなくなると病気を引き起こします。人によって抵抗力には強い弱いがありますが、ストレスが要因となる病気には、アレルギー、動脈性高血圧、関節炎、気管支喘息、気管支炎、癌、慢性疲労症候群、大腸炎、心筋梗塞、糖尿病、消化管潰瘍を含む冠動脈性心疾患などがあります。またストレスにも様々な種類、例えば、悲しみや不安(精神的ストレス)、汚染や他の毒素(環境ストレス)、圧力および張力(精神的ストレス)、貧しい食生活、疲労(肉体的ストレス)があり、人ぞれぞれ症状は異なります。このような、ストレスへの抵抗力を高めて身体の適応プロセスを改善する植物は総称としてアダプトゲン(強壮剤、抗ストレス剤)と呼ばれています。

ウィキペディアによるアダプトゲンは、1968年、Israel I. Brekhman哲学博士とI. V. Dardymov博士が正式に次のような実用的な定義を発表しました:

  1. 服用者に無害であること
  2. 非特異的な反応を示すこと-つまり、物理的、化学的、生物学的な様々なストレス因子に対して抵抗力を高めること
  3. 生理機能を正常化すること;標準値からどの方向にずれても正常値に戻すこと