冬のあったかデザート、りんごとスパイス&トゥルシー。

インスタのほうには3回シリーズでお伝えしちゃってる(笑)、りんごのスパイス煮。

 周りにりんご好き❤️なのを感づかれているのか?あちこちから、りんごを戴くのですが、家にいる時間は少ないしそんなに食べきれないよー!って、毎年なってました。それに、果物の生食って、やっぱ寒い。なので結局、消費できなかったりしてました。

(去年はシナモン&クローブ入れて🍎ジャムにしたのですが、まだ冷蔵庫に残ってます。)
 だからこのレシピはうちにとっても救世主のようです!!

基本はトゥルシータミーでりんごを煮るだけ、のシンプルなものです。

りんごを普通に煮るだけだと甘さが足りないとお砂糖いれちゃったりしがちですが、甘い香りのスパイスで煮込むことで(ほぼ)りんごの甘さだけで十分に美味しくいただけます。
さらにココナッツミルクを使って煮るとhttps://www.instagram.com/p/Bb4KKcNByBH/?taken-by=tulsi.jp
寒い冬の夜食にもぴったりな、あったかデザートになりました。

***********
  作り方と材料
***********
1)リンゴ(とさつま芋)は皮ごとよく洗って皮ごと食べやすい大きさ(一個を7−8等分くらい)にカットする。
2)鍋に少量の水(リンゴ1個につき100ccくらい)とスパイス類を入れてよく煮立て、リンゴ(とさつま芋)も入れる。←トゥルシータミなら1袋をリンゴと一緒に入れるだけ。
3)りんご(とさつま芋)がしんなりとするまで煮る ▶︎ シンプルバージョン、完成!
4)ココナッツミルクを(りんご1個につき一缶くらい)加えてトロミがつくまで煮る。(15分くらい経つと焦げやすくなるので注意しながら弱火で。)
6)以下はお好みで!
トゥルシーオリジナル(ティーバッグ)を袋を破いてそのまま振り入れます。←うち。
・味をみて甘さが足りなければ砂糖など加えます。
・砕いたナッツ類(カシューナッツ、ピスタチオ、アーモンド)をトッピングしていただきます。

✴︎ 実はこのレシピ、スワミジへのお食事メニューのひとつがヒントになっています。
スワミジがさつま芋がお好きということで、お芋デザートのレシピを探していたら、さつま芋とリンゴのココナッツミルク煮というのがあったので、それをインド風アレンジ?で、スパイスたーっぷりにして(カルダモン、シナモンガラムマサラも入れて)お出ししたのでした。

もぉ毎日でも食べたい味わいです。

インスタだと動画も再生できますので良かったらご参考になさってくださいね。

みなさま、よい年の瀬を❤️
お読みいただきありがとうございます。感謝をこめて。

スワミジと踊る⭐︎ディワリinアシュラム

先月インドのお祭り、ディワリのお祝いにちょっとだけ参加してきました。
来日中のスワミジのリードで、参加者がみんなひとつづつ手に持ったランプを、音楽に合わせてゆったりと揺らし、回ったりして踊りました。なかなか、楽しかったです。
なによりも、スワミジの慈愛あふれる笑顔は最高です!!!!
プライバシー保護のため写真をボカしてちっちゃーくしています。
日本の伝統文化を大切にするという意味でも、また来賓の歓迎という意味でも、お祭りのときはなんでもいいから着物を、ということでした。
今回は着付けを習っておいた甲斐がありました(^_^)。

SNSのまとめ。

今はいろいろあるSNS(ソーシャル ネットワーク サービスっていうんですよね)。

トゥルシトゥルシもいくつかやってまして。

ツイッター(@tulsijapan)https://twitter.com/tulsijapan
フェイスブック(トゥルシ トゥルシ) https://www.facebook.com/tulsijapan
インスタグラム(tulsi.jp)https://www.instagram.com/tulsi.jp/

 ツイッターは、もはや臨時休業のことしかツイートしてません((ー ー;))

  フェイスブックは、トゥルシーティーパーティーティーとかイベント事を定期的にやっていた時期は活用できていたんですが、ここから発信!っていう感じになりません。なので今後は、過去ログ的にお店の活動記録、っていうことになりそうです。

 インスタグラムは始めたばかりです。いまのところ、結構使いやすいなぁと感じて活用していきたいのですが、仲良しのインド料理屋さんとか探したけど使ってないお店が多くて・・・。イマイチ繋がり方がよくわかっていない。日本語できないと難しのかもしれないし、年齢層で参加率にばらつきあるのかな?とも思うし、わたしもまだハッシュタグがいまいち使えてない。たぶん#の使いこなし方がコツなんだろうなぁと思います。

・・・おっと、このままではトゥルシーと全然関係ない話になっちゃう!!

ではでは、今年お店に来てくれた、トゥルシーさんの写真を。綺麗な双子です。

 当初(写真上)から、なんとなーく葉っぱが下向きなんで心配なんですけど。この夏にどうにか花を咲かせてくれたら、嬉しいなと思っています。

 

薬草茶講座#2

この仕事をしていてとても参考になった講座があります。

🌿小川さんの薬草茶講座

写真は風カルチャークラブ講座のサイトから転用です

前回の記事では写真しか載せてなかった💦ですが、実は、いろいろ勉強になりました。

ハーブ全般のこと、薬草というものの扱い、民間療法にハーブを使うことの日本特有の難しさ・・・・などなど。

薬草茶を自作していくための知識というより小川さん自身の体験のお話が聞けて楽しかったです

・・・・って、こんな感想でいいのかナ〜 ヾ(´ε`;)ゝ。

今週末、また行きたかったけど仕事が詰まってて行けないので。

ご紹介のみ

で失礼します (-ω-)ゝ。

〜抱きしめる聖者💗アンマが今年も来日されますね〜

今年も、インドの聖者アマチマーター・アムリターナンダマイーが来日されることになったそうです(日本での開催のための実務団体である特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハートから発表がありました)。

わたしがアマチ(アンマ)の存在を知ったのは、トゥルシーを通じてでした。

マーター・アムリターナンダマイーは、生きとし生けるものに対する無私の愛と思いやりで、アンマ(お母さんの意)もしくは、マザーと呼ばれ、世界中で広く 知られています。

アンマの人生はすべて貧しい人々の苦悩と、彼らの肉体的、そして、感情的な苦しみを減らすために捧げられてきました。実際の抱擁、霊性の 叡智、エンブレイシング・ザ・ワールド(ETW)の活動を通して、アンマは苦しむ人たちに希望を与え、社会的に向上させ、内面を変容させています。全生涯 をかけて、アンマは3400万人以上の人々を抱きしめ元気づけてきました。

(公式サイトより抜粋)

アンマが2006年に来日した際、

『地球を浄化するために“トゥルシー”(ホーリーバジル)を世界中に広める』と日本国内でも苗を植える・苗をくばるなどの活動をされたのだそうです。

トゥルシーはあらゆる植物の中でも、もっとも大量のオゾンを発生して空気を浄化するとともに、自己免疫力を高め、新陳代謝を促すなどいろいろな効果が認められています。

インドでは『医者いらずの薬草』として、古代から賢者(精神性・霊性の修行者であるヨーギー)たちよって、インド全土に広められました。

日本でトゥルシーなど知られていなかった時期のこと。そのような活動をされている方がいるということを、当時トゥルシーティーの輸入を手がけていらしたトゥルシーオーガニックスの社長さんから、教えていただいたのが最初でした。

その後、トゥルシーを通じて出会いが広がり、アーユルヴェーダやインド古武術、
そしてヨーガやインド占星術(Jyotish)などを学ぶきっかけとなりました。

素晴らしいご縁をいただいたアンマに、ささやかな恩返しになればと思い、
来日プログラムの際には当日スタッフとして販売ボランティア(セヴァ)を
させていただいております。

そして!

アンマ来日プログラムの会場では毎年、グリーンフレンズのボランティアさんが

インドの種を日本で発芽させて育てた🌱
トゥルシーの苗が、販売されます。

わたしも
トゥルシーを種から育てるのが苦手なもので・・・
毎年一本づつ分けていただいています。

アンマをご存知なかった方は(2015年のアンマ来日プログラムの様子)
ぜひ、ご覧になっていただけたら嬉しいです。
最後のほうに、トゥルシーを抱擁されるアンマのお姿もあります。

アンマも高齢に近づきつつあり、世界情勢も不安定な昨今、
いつ、アンマが日本に来られなくなるかも不明な状況だと思います。

2016年の来日プログラム、
詳細が決まりましたらまたこちらでもご紹介させていただきたいと思います。

MessageよりEメール、電話よりハガキ

昨日今日と、二日続けて休まずの 雨降り。昔から雨は好きで、レインコートを着て歩くのも楽しめるほうですが、こんな長くどんよりなら無理に気分を上げないでいるのが快適です。

お気に入りのインクと万年筆。
お客様への一言もこれで書いています。

なんちゃってプログラマーだったわたしが、Macintosh SE30上でIPを使ったメッセンジャーを体験したのが20余年前(年月が経つのは早すぎます)。 その後もなんとなーく、流れでコンピュータ関連のオタクな人たちの周辺で、毎日PCの前で働いていました。
 その15年余はもちろん、仕事上のコミュニケーションとしてメール を使うことが非常に多かったのです。でも、それは、メールで伝える必要があったからです。例えば時差のある海外の社員への伝達。あるいは複数人数に一斉同報するため、あるいは報告をCc:しておくべき人がいる場合。メールが圧倒的に便利ですね。
ところが
相手が初耳の内容やテーマ、相手に事前知識が無い、新規の内容を、メールでいきなり送ると、誤解が生じてトラブるケースが少なくなかったのです。結局、会って話さないといけなくなる。メール上で起きた誤解を、メール上で解こうとすると、電話したときの5倍くらい時間がかって、無駄になる・・・という経験が何度かあって。
社内でもメール内容は事務連絡を主に、必要最小限にしていました。

 仕事の相手もパソコンやメールに慣れていない人が多くなり、メールが プライベート中心になったいま、メールも悪くないなぁと思うようになりました。
比較の問題として。
電話やメッセンジャーだと、なんだか返事を追われる感じがあって、こちらの空間にまで突然入りこまれる感じがします。嫌いではないけど、電話したほうが伝わるときだけ、メッセンジャーのほうが使いやすいという相手には、使います。

 そんななかで、ほぼ毎日、母にハガキを書いています。
 別にそんな遠くに住んでる訳ではなく、用もないのに。

 ごくあたりまえの日常を嬉しく受けとってくれるのは、家族だけじゃないでしょうか。だから何も無い一日でも、今日の気分を10行くらいにまとめて送っています。思うことがあれば手紙にしたりしますけど。
電話だと用件が無いと続かないんだけど、
手紙だと、会ってお茶のんでるに近い感覚なのです。

10月に、母がヘルニアで緊急入院したとき、わたしは駆けつけることができず、申し訳なかったのですが、そういう時は大抵、お互いにぎくしゃくトゲトゲした会話になる私と母が、かなり 良い感じで会話できたのでした。これも、ほぼ毎日ハガキを書いていたせいかもしれないと、密かに思っています。

さて、今日は何を書こうかな。

トゥルシーさんを飲みながら。

トゥルシーティーが一番引き立つ、ひとときとは。

 ナマステ@代々木公園が終了して、疲れがしばらく残って更新をさぼっておりましたら
 
・・・月日が過ぎるのは早いもので・・・
 
 もう寒い季節になってました!!

こんな私に、ブログ書こう〜!と思わせてくれた、

友達からお裾分けしていただいたエピソードです。

***********************

先日、
手話サークルでウォーキング講習があり、その後みんなでお弁当食べて解散だったんだけど…

私、水筒にトゥルシ〜持っていったんだ。
飲んでると
香りが周りに拡がるじゃない。

何人かに
飲んで頂いたら、
高齢で難聴の女性が
『良い香り〜おいしい❤』と、嬉しそうなお顔をされて…

普段は、
あまり表情を見せないのよ。

良かったなぁ、
と嬉しいひとときでした。

***********************

これを聞いて、改めて思いました。

お店にいらっしゃるお客様にトゥルシーを知ったきっかけは?とお聞きして
最も多いのが「お友達からもらって」なのですが、よくよく聞くと、ヨガや、ボランティア活動や、パン作りの講習会などに、誰かが持参していって飲ませてもらったという方が本当に多いのです。

トゥルシーさんとしても

そういうあたたかなエネルギーの場から広がるのが一番好ましい

ということなのでしょうね。

なぜかコーヒー店の話です。

お店、ということについて思うときに
どうしても外せないのがここ。

珈琲道ぢろばた 

 

マスターは、わたしの父の旧い友人なので、行くとその話をします。
でもわたしは父のことを全く知らないだけでなく、興味がないのです。
マスターのはなしを、なんだか勝手にいろいろ思っているんだな、おもしろいなぁと思っていつも聞くのです。

大学生の頃に、わたしに美味しいコーヒーの淹れ方を教えてくださいました。

もし一人分の注文であっても、必ず二杯分は淹れる。そうしないと美味しくならないのだということも。

それがきっかけで、コーヒーだけでなくお茶の淹れ方にまで、磨きをかけてきたわたしです。

そういえば二年ちかく訪れていません。

お元気なのかしら。

次に帰郷したら、行きたいところのひとつです。

トゥルシーブラフミー(ゴッコラ)【100%オーガニック】

ギャラリー

トゥルシーゴッコラ

トゥルシーゴッコラ

ゴツコラ(またはブラーフミー)はセリ科の植物で、アーユルヴェーダ医学では何世紀にもわたって高い評価をされており、伝統的に記憶力と精神的な明晰さをサポートするために使用されています。WHO(世界保健機構)が現代人のストレスを軽減するのに保存すべき重要な薬草のひとつに認定したこともあり、人気が高まっております。その浄化特性は、当社のオーガニックなトゥルシー(ラマ、クリシュナ、バナ、3種のトゥルシー)とブレンドにより更に強化されています。

ご購入はこちら→

トゥルシージンジャー【100%オーガニック】

ギャラリー

IMG_india_gg

TULSI GINGER

身体を温め活力を与えるブレンド、トゥルシーとスパイシーなショウガ

100% オーガニック

特別なときにも普段に飲むにもトゥルシージンジャーはおすすめです。ストレスを軽減し免疫力をサポートするトゥルシーと、豊かな香りと高い品質の乾燥生姜(粉末ではありません)のコンビネーションは昔から、体を丈夫にし、余分な毒素を燃焼排出して消化を助けるものとして利用されてきました。生姜は胃のむかつきを落ち着かせる力があることが知られており、胆汁の流れを促進し、風邪やアレルギーの症状を最小限に抑えることができます。トゥルシージンジャーは普段使いの贅沢な飲みものです。

ストレスを軽減し消化を促す

楽しく健康になるハーブティー:*

  • ストレスの軽減

  • 抗酸化成分が豊富

  • 咳を鎮め、風邪を予防

  • スタミナの向上

  • 免疫力をつける

  • 消化を助ける

  • 吐き気や乗り物酔いを軽減する

  • 毒素を排出する

カフェインなし!

大人も子供もトゥルシーは人気です!

健康のために毎日お飲みください!

全成分:
ラマ・トゥルシー (Ocimum sanctum)
クリシュナ・トゥルシー(Ocimum sanctum)
バナ・トゥルシー(Ocimum gratissimum)
ショウガ(Zingiber officinale)