冬のあったかデザート、りんごとスパイス&トゥルシー。

インスタのほうには3回シリーズでお伝えしちゃってる(笑)、りんごのスパイス煮。

 周りにりんご好き❤️なのを感づかれているのか?あちこちから、りんごを戴くのですが、家にいる時間は少ないしそんなに食べきれないよー!って、毎年なってました。それに、果物の生食って、やっぱ寒い。なので結局、消費できなかったりしてました。

(去年はシナモン&クローブ入れて🍎ジャムにしたのですが、まだ冷蔵庫に残ってます。)
 だからこのレシピはうちにとっても救世主のようです!!

基本はトゥルシータミーでりんごを煮るだけ、のシンプルなものです。

りんごを普通に煮るだけだと甘さが足りないとお砂糖いれちゃったりしがちですが、甘い香りのスパイスで煮込むことで(ほぼ)りんごの甘さだけで十分に美味しくいただけます。
さらにココナッツミルクを使って煮るとhttps://www.instagram.com/p/Bb4KKcNByBH/?taken-by=tulsi.jp
寒い冬の夜食にもぴったりな、あったかデザートになりました。

***********
  作り方と材料
***********
1)リンゴ(とさつま芋)は皮ごとよく洗って皮ごと食べやすい大きさ(一個を7−8等分くらい)にカットする。
2)鍋に少量の水(リンゴ1個につき100ccくらい)とスパイス類を入れてよく煮立て、リンゴ(とさつま芋)も入れる。←トゥルシータミなら1袋をリンゴと一緒に入れるだけ。
3)りんご(とさつま芋)がしんなりとするまで煮る ▶︎ シンプルバージョン、完成!
4)ココナッツミルクを(りんご1個につき一缶くらい)加えてトロミがつくまで煮る。(15分くらい経つと焦げやすくなるので注意しながら弱火で。)
6)以下はお好みで!
トゥルシーオリジナル(ティーバッグ)を袋を破いてそのまま振り入れます。←うち。
・味をみて甘さが足りなければ砂糖など加えます。
・砕いたナッツ類(カシューナッツ、ピスタチオ、アーモンド)をトッピングしていただきます。

✴︎ 実はこのレシピ、スワミジへのお食事メニューのひとつがヒントになっています。
スワミジがさつま芋がお好きということで、お芋デザートのレシピを探していたら、さつま芋とリンゴのココナッツミルク煮というのがあったので、それをインド風アレンジ?で、スパイスたーっぷりにして(カルダモン、シナモンガラムマサラも入れて)お出ししたのでした。

もぉ毎日でも食べたい味わいです。

インスタだと動画も再生できますので良かったらご参考になさってくださいね。

みなさま、よい年の瀬を❤️
お読みいただきありがとうございます。感謝をこめて。

スワミジと踊る⭐︎ディワリinアシュラム

先月インドのお祭り、ディワリのお祝いにちょっとだけ参加してきました。
来日中のスワミジのリードで、参加者がみんなひとつづつ手に持ったランプを、音楽に合わせてゆったりと揺らし、回ったりして踊りました。なかなか、楽しかったです。
なによりも、スワミジの慈愛あふれる笑顔は最高です!!!!
プライバシー保護のため写真をボカしてちっちゃーくしています。
日本の伝統文化を大切にするという意味でも、また来賓の歓迎という意味でも、お祭りのときはなんでもいいから着物を、ということでした。
今回は着付けを習っておいた甲斐がありました(^_^)。

香港で出会った漢方の花茶

 一週間以上咳が止まらない夫のため、冷蔵保管から出して作ったお茶。

風邪が治っても咳が残って、病院の薬が効かない。そんなとき、試しにこれを1リットル、仕事をしながら1日じゅうかけて飲んでみたところ、すっかり咳が止まった。という経験のある花のお茶です。

 漢方では定番の処方だと思われますが、詳しいことは不明です。

 始まりは、生来的に喉が弱いわたしが、香港の島で行商のお姉さんから茶葉を買って飲んだのがきっかけでした。
 何が入ってるかわからないけどとにかく効くので、普段も飲み続けてたらそのときの分が残り少なくなってしまいました。それで、台灣に行ったついでに乾物街でこれと同じものはないかと尋ね歩いて仕入れたものです。乾物屋の話だとキク科の植物(たぶんカモミール)と緑茶(といっても縮れがある中国緑茶)ともうひとつ白い花のなんとかが入ってると言われました(ジャスミンだと思いますがそんなに香りはしません)。乾物屋なのでこれらを1種類づつ、一斤から、しか買えないので(1斤は約600グラム)大量に仕入れることになってしまいました。

 密封冷蔵保管し、飲むたび3種類を混ぜて作っています。なんとなく保管のときから混ぜない方が良いような気がして・・・3斤も入れられる袋もないし。

  香りも良く甘くて少しとろみがあります。カモミールの黄色い花芯が多い感じです。

数年は経っていますが風味は落ちてません。

 ・・・今書いていて憶いだしたのですが、普段からこのお茶を飲んでると話をしたら、中国人の整体の先生が、それは体の中に熱が籠もってるときとか、手術なんかで傷があるときに飲むものだから普段は飲まない方が良いと言われました。

それで、普段から飲むのを止めたのであんまり減らなくなっちゃったんですよね。

そのうち、トゥルシー飲み始めたら全く喉の不調自体がなくなってしまって出番がなくなって・・・って感じですね。

 最近、かなり湿度が高くなっていますね。それプラス、強い冷房とか気温差の激しさで、汗をかけない状態が続いてしまって体調を崩したという話を聞きました。その人のように、身体を動かす習慣があれば「これは汗がかけなかったせいだ」って自覚が持てるので、短時間に体を温めたり体操したりして、体調は戻せます。

 けどまぁ夫の場合は、感覚が鈍くなってて(わざと鈍くしてるというか、忙しいのを言い訳に身体を酷使するのがフツーらしい)、熱と汗の浄化が上手くできないままで、それが少し仕事たが落ち着いてきたから咳になって信号を出してる気がします。

 ・・・ということは。やっぱりこのお茶を2日くらい飲んだら治るかも??

 経過はまた。

蜂蜜酢!!っす!

 蜂蜜酢、って飲んだことある人います?

 これ。

 数年前に台灣から夫が買ってきて、時々家で料理に使っていたんです。わたし、(たとえ薄まってても)酢を飲む、っていうのが苦手。あの喉越しがどーも・・・。それで飲むのは敬遠していました。

 さっき、店の冷蔵庫のなかに何本か重たいものが転がってて、開けたら出てきました。これが。….. forgotten 蜂蜜酢。

 ちょうどなんとなく頭が痛かったんで(生理中のあの、モヤ〜っというか、ぼおーっとするヤな感じ)、冷水で割って飲んでみたんです。

そしたらすごーい!!

モヤーーっとした感じがすーっと熱が引いていくみたいに薄れていきました。

苦手なはずの酢の喉越しも、蜂蜜のトロミのせいか咽せることなくゴクゴクいけます。

・・・あ。もう一杯いける。

けど

成分:蜂蜜
しか書いてないなぁ・・・。
確かにこれ 蜂蜜の香り+酢の味
そのまんま。
 どうやって造ってるかはわかりませんけど、台灣製造なのでほんとにシンプルに蜂蜜を発酵させているだけなんだと思われ。
発酵させてるだけ、と言っても上手に発酵させるには手間暇かかってるだろうなぁ。

パープルソルトに続き、すごい。クリーーーンヒットです。

 体質的に、蜂蜜が合ってるのは前から感じていましたけどこんなに速攻で気分が良くなるのは驚きです。
 ちょうど運動後で身体に熱がまだ溜まっていて(運動後に頭痛がすることもたまにありました)それが上手に抜けていった感じがします。

 東京はこの頃、梅雨なのに梅雨らしくなく昼間かなり暑く夜は涼しくて体感温度として10度くらい違うような毎日なので、気圧の変化に体内の調整機能さんも苦労してるのかもしれません。

今年の夏で残りの数本を飲みきってしまいそうです。

自然の恵みに感謝、感謝の日々です。

SNSのまとめ。

今はいろいろあるSNS(ソーシャル ネットワーク サービスっていうんですよね)。

トゥルシトゥルシもいくつかやってまして。

ツイッター(@tulsijapan)https://twitter.com/tulsijapan
フェイスブック(トゥルシ トゥルシ) https://www.facebook.com/tulsijapan
インスタグラム(tulsi.jp)https://www.instagram.com/tulsi.jp/

 ツイッターは、もはや臨時休業のことしかツイートしてません((ー ー;))

  フェイスブックは、トゥルシーティーパーティーティーとかイベント事を定期的にやっていた時期は活用できていたんですが、ここから発信!っていう感じになりません。なので今後は、過去ログ的にお店の活動記録、っていうことになりそうです。

 インスタグラムは始めたばかりです。いまのところ、結構使いやすいなぁと感じて活用していきたいのですが、仲良しのインド料理屋さんとか探したけど使ってないお店が多くて・・・。イマイチ繋がり方がよくわかっていない。日本語できないと難しのかもしれないし、年齢層で参加率にばらつきあるのかな?とも思うし、わたしもまだハッシュタグがいまいち使えてない。たぶん#の使いこなし方がコツなんだろうなぁと思います。

・・・おっと、このままではトゥルシーと全然関係ない話になっちゃう!!

ではでは、今年お店に来てくれた、トゥルシーさんの写真を。綺麗な双子です。

 当初(写真上)から、なんとなーく葉っぱが下向きなんで心配なんですけど。この夏にどうにか花を咲かせてくれたら、嬉しいなと思っています。

 

ナチュラル雑誌 リンネル 7月号

 5月20日発売の「リンネル」7月号(http://amzn.to/2pxSe27)に 当店のトゥルシーティーが 紹介されます。

それでちょっと奇遇だなぁって感じがしたことがあって。
もう3年前の、5月になっちゃいますが、Tulsi Tea パーティでティーコーゼ作りをみなさんでやりました。 このときに使ってた布地と、今回予告されてる、リンネル付録の布デザインが、とっても、似ていました。
TulsiTeaParty
裁縫上手な方がつくった完成品。
試作の途中。byわたし
7月号の付録だそうです(2017 5/20発売予定)

・・・なんとなくね。

薬草茶講座#2

この仕事をしていてとても参考になった講座があります。

🌿小川さんの薬草茶講座

写真は風カルチャークラブ講座のサイトから転用です

前回の記事では写真しか載せてなかった💦ですが、実は、いろいろ勉強になりました。

ハーブ全般のこと、薬草というものの扱い、民間療法にハーブを使うことの日本特有の難しさ・・・・などなど。

薬草茶を自作していくための知識というより小川さん自身の体験のお話が聞けて楽しかったです

・・・・って、こんな感想でいいのかナ〜 ヾ(´ε`;)ゝ。

今週末、また行きたかったけど仕事が詰まってて行けないので。

ご紹介のみ

で失礼します (-ω-)ゝ。

パープル・ソルト & ローズ ・ソルト

うちはお店なのに、お客様からプレゼント🎁をいただくことが、割とあります((^◇^;)。

(珍しいお茶とか、トゥルシーを素材に使ったものとか… )   先日も、お客様が「おすそ分け」と仰って 岩塩をくださいました。

↓↓こんな感じの、細かな粉末化された ヒマラヤン パープル・ソルト 

紫岩塩

と、
 大きく美しく
有り難〜い感じなので、お釈迦さまにお供えしたくなったヒマラヤン・ローズ・ソルト(下)。

ピンクの岩塩

 

 粉末状のパープルは、浴用/浄化用 とのことで、さっそく顔を洗ってみました。 

ん! ふ? ほお!
なんか 凄い‥  か も 〜〜〜、!

 トゥルシーなんか扱ってる割には
わたくし あんまり、その〜 浄化とか、エネルギーとか氣とかわからないんで。
これまでも、レメディとか石とか、インドから来た牛乳入りオイルとかスパイスみたいな鼻から吸い込む粉とか、一通り使った経験はあるんですよ。でもそんなに心が動かされなかったです。こんな感じに ブログでみなさんにもお伝えしたいと思う程では無かった。

 でも この ヒマラヤン ソルトさん達は、なんか凄いかも?!って感じの、うまく表現できない何かがあります。

顔や背中など気になる所に、軽く水を含ませたパープルの紫岩塩を塗ってマッサージ🛀。 塗った瞬間に、カラダのどっかが軽く爽やかになっていくのを感じました。乾いてる時と違って水に濡らすと硫黄が強く匂ってきますが、それがまた、効いてる感じもして。一通りなじませてから🚿洗い流しました(本来は⌛️五分くらい置いてから洗い流すらしい)。
 ・・なんだかいままでに無い軽やかな💠さっぱり感で、心までキレイにさっぱりしたような感覚で、驚きました。

 びっくりついでに 検索したら
ヒマラヤの岩塩は、この地上で最も 酸化した状態を正常化(清浄化?)する力が強いのだとか。そりゃそうだよね、ヒマラヤ山脈の地下深くの古代の海が地表まで噴き出すエネルギーって、想像もつかない程途方もないパワーが🌋物資レベルに現象化したんだもの。海水かできた塩とは別物、になって当然ですね。

 ヒマラヤの岩塩は、人が生きていくのに必須なものではないかもしれません。でも、現代生活の穢れを浄化して本来やるべき仕事に正しいエネルギーをそそぎやすい身体を整えるものとして、トゥルシーに勝るとも劣らない🌈パワー✨を感じます。

 永い、永い間、ずっと自然界に存在するものに偉大な力が育つというのが、この地上の道理なのでしょう。

トゥルシーのことも抱きしめてくださる聖者、アマチの来日スケジュール

インドの抱きしめる聖者、アマチの来日がようやく決定したということです。
トゥルシトゥルシのスタッフも当日ボランティアとして参加させていただくことになっています。

特定非営利活動法人 国際チャリティ協会アムリタハートからのメール内容の一部をコピー、転載させていただきます。

第26回アンマ来日プログラム詳細決定のお知らせ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
第26回 アンマ来日プログラム-Embracing The World 2016-

【日程】 2016年 7月 18日(月・祝)、19日(火)、 20日(水)

【会場】 ベルサール渋谷ガーデン 〔ホールC〕
*(ベルサール渋谷ファーストとお間違えのない様お気をつけください。)

【住所】 東京都渋谷区南平台町16-17 住友不動産渋谷ガーデンタワー 地下1階

18日(月・祝)… 開演11:00(開場10:00)*初日のみ、一日一回の開催です。

19日(火)…〈午前の部〉開演10:00(開場09:00)/〈午後の部〉開演18:30(開場17:30)

20日(水)…〈午前の部〉開演10:00(開場09:00)/〈午後の部〉開演18:30(開場17:30)

※最終日、20日(水)の午後の部は『特別プログラム世界平和の祈り』(18:30〜20:00)が冒頭に行われます。

<プログラム内容>

〔午前の部〕メディテーション(アンマと共に開演後15分間)、
アンマによる来場者一人ひとりの抱擁。

〔午後の部〕アンマのスピーチ&歌(インド音楽)、
メディテーション、アンマによる来場者一人ひとりの抱擁。

(※入場・抱擁等無料 入退場自由となっております。)

【プログラム終了時間】
各プログラムの終了時間は、来場者の抱擁終了時点となります。

【整理券】
抱擁を受けるには整理券が必要です。整理券はその日のその回に限り有効で、
開場とほぼ同時に配布を開始します。午後の部に電車でお越しの方は、
終電を考慮し、お早めにご来場の上、整理券をお受け取り下さい。
日時は変更の可能性がございますので、ご来場前にHP等でご確認下さい。

※追ってweb等にも掲載予定です。(更新準備中)

内容等に変更の可能性がある場合は、下記のSNS等に掲載・配信させていただきます。

ご来場前に、必ず、NPOアムリタハート公式ブログ http://ammanpo.blogspot.jp/p/blog-page_16.html
または、日本MAセンターフェイスブックページ https://ja-jp.facebook.com/macenterjp/等でご確認下さい。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。
……………………………………………………………………………………………………………