なぜかコーヒー店の話です。

お店、ということについて思うときに
どうしても外せないのがここ。

珈琲道ぢろばた 

 

マスターは、わたしの父の旧い友人なので、行くとその話をします。
でもわたしは父のことを全く知らないだけでなく、興味がないのです。
マスターのはなしを、なんだか勝手にいろいろ思っているんだな、おもしろいなぁと思っていつも聞くのです。

大学生の頃に、わたしに美味しいコーヒーの淹れ方を教えてくださいました。

もし一人分の注文であっても、必ず二杯分は淹れる。そうしないと美味しくならないのだということも。

それがきっかけで、コーヒーだけでなくお茶の淹れ方にまで、磨きをかけてきたわたしです。

そういえば二年ちかく訪れていません。

お元気なのかしら。

次に帰郷したら、行きたいところのひとつです。